アンチエイジングをいろいろ研究していたところ、酵素健康を保つ上でとっても重要な働きをしていることが判りました。

わたしも酵素ドリンクによるファスティングダイエット中ですが、この酵素ドリンクを使ったダイエットって、ただ痩せるだけじゃなくて健康にも非常に効果的だと判ってとっても嬉しくなりました。

では、酵素は、わたし達の健康にどう関係しているのか、勉強して解ったことをシェアします。

 

酵素不足が病気の原因

現代人の食生活は「加熱食品」が中心です。

しかし、食べ物の消化分解に必要な酵素は約55度以上の高温になると失われてしまうのです。

ですから加熱食品を摂取しても、消化分解に必要な酵素は体内に取り組まれず、慢性的な酵素不足をひきおこします。

逆にいうと、この酵素をしっかり体に取り入れれば健康維持することができるのです。

病気の原因として考えられるのは、

  1. 食生活の乱れ
  2. 強いストレス
  3. 悪い環境と生活習慣
などです。

 

1の「食生活の乱れ」が、加熱食品などの大量摂取。

具体的には、こんな食生活です。

朝は、食パンにマーガリン、昼はインスタント食品、間食にチョコレートや砂糖が大量に含まれたお菓子等々

マーガリンにはトランス脂肪酸、インスタント食品には防腐剤、お菓子には砂糖が含まれ、これら全てが第二の脳といわれる腸内を腐敗させ、環境を悪くする成分なのです。

しかし現実問題として加熱食品をとらず、生の食材ばかりを食べるというわけにもいきません。

ですから、この酵素不足を補うために酵素ドリンクやサプリメントの摂取が有効なのです。

 

活性酸素と酵素

アンチエイジング・健康の大敵として知られる活性酸素

活性酸素が、体内に蓄積されると細胞の酸化作用が起こり、これがシミやシワの老化現象の原因になります。

現代には、この活性酸素を発生させる物質などが溢れています

防腐剤や食品添加物が体内に入ると、これを解毒するために酵素が分泌されますが、この解毒の際も活性酸素が発生します。

また、ストレスを受けると副腎皮質ホルモンが分泌されてストレスを解消しようとするのですが、この副腎皮質ホルモンを構成する際も活性酸素が生み出されるんです。

大気汚染や過度の飲酒などなど、現代には活性酸素を発生させる要素がいっぱいなんです。

そして、これを除去するのも抗酸化物質である酵素の役割です。

このように、あらゆる生命活動で酵素は必要とされます。

しかし、この酵素は人間の体内で生産される1日の量は決まっており、一生分の生産量も決まっています。

なので、食生活が乱れれば乱れるほど、加熱食を摂取すればするほど、同時に酵素を外部から補給する必要があるのです。

 

酵素と免疫力

このように人間の生命を維持するのに欠かせない酵素。

実は、免疫力と密接な関係があるのです。

冒頭でお話ししたとおり、酵素は約55度以上の高温になると働きを失ってしまいます。

しかし、その直前の約50度で20分以内の加熱であれば、最大限の効果を発揮します。

主婦の方はご存じでしょうが、野菜の50度洗いというのがありますよね。

そう、50度のお湯で洗うと萎れかけ野菜が瑞々しさを取り戻すってやつです。

これは、50度のお湯で短時間洗うことによって、野菜に含まれている酵素を活性化させて免疫力を高め若々しく蘇らせるのです。

人間が、風邪やインフルエンザの時に高熱を出すのも同じ原理で、体温を高めて体内酵素を活性化させ、免疫力を最大限に発揮できる状態に身体をするんだそうです。

でも、高熱が続くと他の機能に障害が出るので、適度に下げた方がいいでしょうけどね。

このように、酵素不足は免疫力の低下にも繋がるんです。

ですから、現代社会では、適度な酵素の補給が必要なのです

 

まとめ

調べれば調べるほど、酵素パワーってすごいんだなって感じました。

食生活の改善やストレス解消、酵素不足を補うのが健康への第一歩のようです。